雑記ブログ

That's log

株式投資 メリット・デメリットとは?初心者でも始められる!

株式投資

そもそも株式投資とは

株式は企業活動に必要な資金を調達する目的で発行されるもので、株式を購入した法人や個人はその企業の株主になります。

株式投資で利益を出す方法はいくつかあります。1つは配当金を積み重ねていく方法で、もう1つは株式の売買で売却益を出していく方法です。

簡単に説明すると株主には持っている株数に応じて、企業が出した利益を受け取る権利配当金などがもらえます。
保有する株数が多ければ多いほど、配当金の金額も大きくなっていくことから、配当金は株式投資で利益を出す1つの方法となっています。
あるいは30万円で購入してその株の価値が31万円になったら売るということです。

基本的に株の購入の仕方は企業ではなく証券取引所で電子化した株を売り買いします。
常に価格の変動が行われているので需要がある株は値段が上がり需要のない株は値段が下がる、なのでデイトレードなどで株式投資で利益を出したいのであれば常にチェックしていく必要があります。

スポンサードリンク

そしてメリットとデメリットを紹介していきます。

株式投資のメリット

売却益を期待できる

多くの投資家がこの手法で利益を出し続けています。
その日の経済状況によって大きく変動したりするのが株式市場です。くまなくチェックして上がりそうな株を安値で購入してどんどん利益を出していきましょう。

ジェイコム誤発注事件というのをご存知でしょうか?
この事件では本来61万円で1株の発注しなければならない所を誤って1円で61万株発注してしまうというとんだ珍事件が起こってしまいました。
当然チャンスでしかないのでたくさんの投資家さんたちが大儲けしました。(中には10分で22億円の利益を出した人もいます)

株式投資で最も夢のある投資方法です!

 

株投資はこちらからできます!

配当金・株主優待がもらえる

株主優待や配当金で利益を出す方法です。
配当金は年に1、2回支払われます。その配当を実施している企業の平均的な配当金は約2%前後で推移しています.

例えば100万円分の株を保有しているとして、配当金が3%の場合で年に一回の配当がある場合は3万円もらえる計算です。
1000万円分だと30万もらえます。
1億円だったら300万
大きな利益は出ないかもしれませんがデイトレードよりもリスクが少なく安定して稼げる可能性があります。

ちょっと怖いって思っている方がいるかもしれませんが、普通に皆さん銀行にお金を預けていると思いますが。銀行が潰れる可能性を考えたことがありますか?例えば5000万円銀行に預けていたとしてその時に銀行が倒産してしまったら1000万円とその利子までしかお金が返ってこないのです。私の4000万どうするんだよーーーーって状態になります。もちろん銀行が潰れる事例はありましたが滅多にないことです。
大手上場企業も同じく滅多に潰れません。なので銀行にお金を預けるのか株に変えるのかというのはそこまでリスクが変わりません。

普通にただ貯金するだけだったら0.01%ほどの利子しかつきません。(銀行にもよりますが大体そこまで高くありません。)

0.01%を取るのか3%を取るのかは自由ですがどうせなら資産を増やしていきたいですよね。

それから株主優待というのもあります。
10株持っていたら自社の商品券10万円分プレゼントします。
100株持っていたら海外旅行プレゼントします。
などといった商品をもらうことができます。

株投資はこちらからできます!

 

株主総会に出席できる

日本の大企業の経営に足を踏み入れることができます。
日本の経済を動かすことができる可能性があるすごいことです。

株式投資のデメリット

初期投資額が比較的高い

利益を出したいのであればある程度の資金が必要です。
かの有名なネオニートBNF様は300万円ぐらいの資金でスタートし今は数百億円の資産があると言われています。
100円から買える物もありますが最低でも10万円の資金がないと厳しい世界です。

大企業のトヨタ自動車の2019年9月の株の値段は約7100円ですつまり一口710000万円の資金が必要となります。
まずは資金調達が先になる方の方が多いかと思いますので頑張って資金を貯めましょう。

予測しても株が上がらない

たとえば、株価が1,300円の株式を少しでも安く買いたいと思い、1,280円で買い注文を出しても、1,280円まで値下がりして注文が成立するとは限りません。

値下がりするどころか、逆に1,350円まで値上がりして、1,300円のときに買っておけばよかったと後悔する可能性もあります。

株式の売買には数多くの投資家が参加しているほか、企業の業績や経済ニュースなど、株価の値動きはさまざまな出来事に影響を受けるので、株価を予想して売買を成立させるのは簡単では無いでしょう。

投資初心者には比較的ハードルが高い

株は本当に勉強しないと危険な投資です。
右も左も分からない状態で取引をするのはリスクしかありません。
どの企業の株式を購入すればよいかを判断するには、売上高や当期純利益などの業績や、自己資本比率などの財務体質、PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)といった投資指標を確認する必要があります。

ひとつの経済ニュースで大きく価格が変わることも珍しくありません。常に経済ニュースや株価をチェックする癖を身につけましょう。

株価変動リスク

しつこいようですがその時の経済ニュースなどで大きく株価が変動してしまうので配当金目当てで株を保有していても安心はできません。
配当金は会社の売り上げによって決められるもので赤字になったら当然配当金なしも十分あり得ます。

ここ最近だと大手アパレル通販サイトの株の暴落などが有名ですよね。2018年8月の時点では大体4700円だったのが2019年6月では大体1800円ななってしまっています。約3000円近くの暴落なのでこれはすごく大変なことです。

デイトレードも当然このリスクがつきまとっています。上がるとおもたら下がり続けるなんてことも珍しくありません。

流動性リスク

流動性リスクとは売りたいときに株を売れないことを言います。

例えば株を購入した会社が不祥事をしてしまった場合、当然株価は下がる可能性の方が多いでしょう。そうなったら売りたい人の方が多くなり買い注文をする人がいなくなるそうすると取引を行うことができないのです。なのでやっと売れる状況になった時には買値よりも大きく下がった状態で売らざるおえない状況も考えられます。

会社の動向も常にチェックしていきましょう。(個人的にはバイトテロやバカッターが一番怖いのでサービス業の株の購入はお勧めしません。)

信用リスク

株を購入した会社が倒産してしまった場合、株とはその会社の資金調達が主な目的なので倒産してしまったら、ゴミです。
当然投資したお金は返ってこないので投資した資金が全て無くなる可能性が十分あります。
株主優待や配当金などが目的で保有していこうと考えている方は、常に会社の経営状況などを十分把握していかないと大変なことになるかもしれません。

投資方法

現物・信用株式投資

現物取引は自分の資金の範囲内で取引を行うこと
信用取引は自分の資金だけではなくお金を借りて取引を行うこと
信用取引をうまく使って空売りという手法もあります。
簡単に説明すると上がるのではなく下がると予測します。先に1000円の株を空売りします。その株が800円になったら空売りした売買代金100万円の中から買い戻しの売買代金80万円を支払うことで、差額20万円が手元に残ります。

信用取引の場合は当然借金を背負う可能性があるので十分考えて行いましょう。

IPO投資

IPO投資とは、株式市場に新規上場する企業の株式に投資をする方法です。

しかしこの株を購入するには抽選で選ばれなければなりません。
新規上場企業の株は公募よりも初値は約81%高くなるというデータがあります。
そのため、IPOに当選して株式を公募価格で購入し、上場初日に初値で売却すると利益を得られる可能性が高いことから、IPO投資は人気が高くなっています。なのでとても競争率が高いのです。

未上場企業の株式投資

まだ株式市場に参入していない会社の株を購入することで将来上場した時に大きな利益を出す可能性があります。
上場していない株を非公開株とも言います。

ただ今後会社の業績が上がって上場企業になるかはわからないというリスクとともに倒産してしまう可能性も十分ありますので、購入する際はくれぐれも注意が必要です。

投資信託・ETF

簡単に言えば資金を出して代わりにプロが株の取引を行ってくれるということです。
株のことが一切わからないという方はこれを使うのも手だと思います。
この投資信託は様々な企業の株を購入するので最大限にリスクを抑えることができます。

株取引の中で最もリスクがなく利益を出す可能性があると思います。

 

株投資はこちらからできます!

 

まとめ

投資関係で一番大きな金額が動くのでもすごい巨万の富を得る可能性が十分高いです。
実際に成功者も何人もいます。
ですがそれだけリスクもついてくる世界なので破産する可能性もあります。
しっかり勉強して確実にスキルを身につけていきましょう。

 
ホームに戻る

スポンサードリンク

更新日:

Copyright© That's log , 2021 All Rights Reserved.